トレンドを知る事もWEBデザインのお仕事のうちです

WEBデザインのお仕事をする以上、世間のトレンドは常に追っていなければいけません。
世間のニーズにアンテナを張る事も、WEBデザイナーのお仕事のうちです。
かつてのWEBデザインと言えば、HPを作るだけで完結しました。
しかし、最近ではメンテナンスから保守、点検、マーケティングといったアフターフォローが必要です。

更にはTwitterやLINE、youtubeといった新しいサービスとの連携を意識したWEBデザインが求められます。
時代はマルチメディアであり、HPを開くと同時にBGMが流れたり、Flashのコンテンツでギミックいっぱいのメニューを作る等、個性的なデザインが大衆受けします。

特にyoutubeの動画コンテンツを埋め込む、Twitterのアカウントを連動させる仕組みはトレンドとして必須です。
若者や女性陣に効果的にコンテンツを閲覧させるためには、外部サービスとの関連付けが必須であり、 更にはPC用のサイトだけではなく、別途iOSやAndroid用のWEBデザインを作る事も大事です。

WEBデザインの作業はトレンドの理解から始まります

WEBデザインのお仕事は、パソコンに向かう前から始まっています。
世の中の流れを知り、ユーザーの求めるニーズを汲み取る事こそ、WEBデザインのお仕事に必要な素養です。
トレンドを知るためには、街に出かける事も大事です。
世間のトレンドカラーは何か、トレンドとして流行っているスマートフォンは何か、タブレットではどういったブラウザアプリ、OSが流行っているのか、常に疑問を持ち、独自に世間の流れを調べる姿勢が重要になります。

例えば、トレンドカラーを事前に自分なりに調べておけば、WEBデザインを進める過程において、主軸となるカラーを決めやすくなります。
ホームページの印象はメインのカラーによって大きく左右されます。
多すぎる色使いはむしろ印象を悪くしますので、世間で流行っているカラーを1、2色だけメインに採用するのがベターです。

また世間でSDキャラが流行っているなら、WEBデザインの一環として、 独自に企業やHP用のキャラクタをデザインし、付け加えるのも他のHPとの区別化になります。

recommend

最終更新日:2017/11/6